MENU

初期症状での相場っていくら?

生え際の上がりはじめ、またはM字部分の剃り込みが気になりだすのが初期症状のはじまりです。

 

この段階で必要とされる移植本数は1000本から1500本、グラフト数値では400から600グラフトがひとつの目安になります。

ヨコ美クリニック
400グラフトにかかる総額 320,000円
1グラフト単価 800円
1本単価 320円
基本治療費 0円

基本治療費がかからないヨコ美クリニックでは単純に「グラフト単価×移植グラフト数」で費用が算出されます。

 

またヨコ美クリニックは自毛植毛手術だけではなくミノキシジルやフィナステリドなど発毛剤の扱いもありますので、初期の段階で進行をとどめる対策も万全にできる最適なクリニックです。

 

TOMクリニック美容外科
400グラフトにかかる総額 332,000円
1グラフト単価 80円
1本単価 32円
基本治療費 300,000円

自動植毛ロボットARTASアルタスの最新式モデルを使用して自毛植毛を行うクリニックです。

 

グラフト数に関係なく最初の段階で基本治療費が30万円かかりますが、驚きなのはグラフト単価が80円であることです。

 

総額ではヨコ美クリニックと大差ありませんが、仮に400グラフト以上の移植が必要だと判断された場合のことを考えると、単純に単価が最安値であるクリニックを選ぶというのもひとつのポイントであるかもしれません。

 

アスク井上クリニック
400グラフトにかかる総額 465,000円
1グラフト単価 700円
1本単価 280円
基本治療費 185,000円

i-SAFEハイブリッド植毛法という傷が残りにくいFUE法をベースとした手術法で行います。

 

用いられるパンチブレードは0.6ミリから1.0ミリまで種類が豊富で、患者の髪質や太さなど状態にあわせて使い分けることができます。

 

アイランドタワークリニック
400グラフトにかかる総額 680,000円
1グラフト単価 1200円
1本単価 480円
基本治療費 200,000円

グラフト単価も極端にあがり、最安値のクリニックの約2倍の金額なります。

 

アイランドタワークリニックではFUE法を独自に開発したi-Direct法を用いて手術を行います。

 

極細0.63ミリのパンチブレードで1グラフトずつくり抜き採取を行ない、移植していく方法のため傷跡が極めて残りにくく目立たいのが最大の特徴です。

 

親和クリニック
400グラフトにかかる総額 680,000円
1グラフト単価 1200円
1本単価 480円
基本治療費 200,000円

アイランドタワークリニックの料金と全く変わらない設定のため、やはり最安値のクリニックと比較すると大きな差が開いています。

 

ただし親和クリニックは主要4都市(新宿、名古屋、大阪、福岡)の駅近くにクリニックがあるため、アクセス面での利便性は高く足を運びやすくなっています。

早い段階で手を打つのがおすすめ

AGAは初期の段階でM字部分や剃り込み部分に症状が表れますが、一度発症してしまうと進行を止めることは難しいとされています。

 

原因は様々ですが、育毛剤や発毛剤などの対策においては進行をとどまらせる、もしくは遅らせるというのが精一杯で、完治までには至らないのが現状です。

 

ですから発症に気づいた初期の段階で自毛植毛による対策を施すという早い段階で手を打つことがおすすめです。

 

またこちらではあくまで400グラフト(1000本)が必要である過程で費用のご紹介をしましたが、実際にクリニックでカウンセリングを受けてみると必要な本数に開きが出ることが多々あります。

 

日本人の一般的な頭髪の密度は1平方センチあたり160本ほどなので、ご自身の今の状態からどれくらいの範囲に植毛をするのかを検討したうえで、余裕をもってカウンセリングを受けてみるといいと思います。