MENU

どんなクレジット会社で何回払いまで?

自毛植毛にかかる費用の相場は100万円前後だと言われていますが、さすがに現金一括でいうのもかんたんには用意できる金額ではありません。

 

そんな場合でも各クリニックで扱っているクレジット会社や医療費だけを対象としたメディカルローンを利用することで、月々の支払いを自身の生活プランにあわせて無理なく組むことができます。

 

ここでは各クリニックが扱うクレジット会社や利用できる支払い回数、また金利まで網羅してご紹介いたします。

各クリニックで扱うクレジット会社をご紹介

TOMクリニック美容外科
  • 取扱いクレジット10社(VISA、マスターカード、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレス(アメックス)、JCB、DCカード、UCカード、ニコス、セゾン、アプラス)
  • 最長回数は不明
  • 金利は不明

 

ヨコ美クリニック
  • 取扱いクレジット1社(オリコカード)
  • 最長36回まで
  • 金利9.5パーセント

 

アスク井上クリニック
  • 取扱いクレジット7社(VISA、マスターカード、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレス(アメックス)、JCB、DCカード、UCカード)
  • 最長72回まで
  • 金利9パーセント

 

アイランドタワークリニック
  • 取扱いクレジット3社(VISA、マスターカード、JCB)
  • 最長84回まで
  • 金利9パーセント

 

親和クリニック
  • 取扱いクレジット6社(VISA、マスターカード、ダイナースクラブ、アメリカンエキスプレス(アメックス)、ユニオンペイ、デビットカード)
  • 最長60回まで
  • 金利6パーセント

手続の方法について

マイホーム購入のように数千万といった支払いでないので、あれもこれもといった書類の準備や提出物は必要はありません。

 

金額的にはクルマを購入する際の自動車ローンと同じ流れの手続きが行われます。

  • カウンセリングで手術にかかる費用額を決定する
  • クリニックにてクレジット会社への審査の申込み手続きを行う
  • 申込後クレジット会社より申請をした内容についての確認が入る
  • 審査通過の連絡が入りましたらクレジット契約を行う
  • クリニックにて自毛植毛手術の正規契約を行う

これで支払いに関するすべてが確定したことで、あとは手術の日程を決めるだけとなります。

ローンを使うことで

今まで育毛剤や発毛薬など月々に数万円とかけてきたことを振り返れば、無理のない金額で確実な効果が得られる自毛植毛というのは全く損のない選択だと思います。

 

育毛剤は効果が曖昧で、発毛薬は使用服用を止めてしまった時点でその効果はなくなってしまいます。

 

どちらも根本的な改善ができるものではありませんが、自毛植毛は自分の髪の毛を使って治療をするため、取れることもズレることもなく生え続けるというのが最大のメリットです。

 

今の生活プランにあわせて分割することで、ご自身へ投資が確かな形で得られるというのは魅力だと思います。