MENU

意外と知られていないグラフト数による単価の違い

生え際やM字部分の症状が進行してくると1000本では足りず、少し余裕をもって2000本までを視野にいれて検討するのもいいと思います。

 

実際にご自身で考えていた本数とカウンセリングで診てもらった本数に開きがあるというのはよくある話です。

 

一般的に自毛植毛にかかる費用は移植本数に比例して加算される場合と、グラフト数別にランク付けをし区切って単価が設定されている場合があります。

 

1グラフトの単価がわかっているだけでは総額の判断がしづらいので詳しく解説をいたします。

2000本の相場っていくら?

クリニックのホームページをみても本数の単価で表示されていないので少し戸惑うかもしれませんが、2000本の自毛植毛はグラフト数に置き換えるとおよそ800グラフトになります。

 

これは生えている髪の毛は必ずしも1グラフト(毛穴から生えている束、株ともいいます)に1本というわけではなく多い場合には4本まで生えているため、平均的に1グラフト2.5本で換算されているからです。

 

クリニックが行うキャンペーンなどでも、この800グラフトまでを対象に限定で割引きを行っていることを多く見かけます。

 

TOMクリニック美容外科
800グラフトにかかる総額 540,000円
1グラフト単価 300円
1本単価 120円
基本治療費 300,000円

TOM美容外科クリニックの場合、250単位でグラフト数別に区切って金額の設定がされています。

  • 500グラフト(1250本)まで80円(1本約32円)
  • 750グラフト(1875本)まで200円(1本約80円)
  • 1000グラフト(2500本)まで300円(1本約120円)

一見すると基本治療費が若干割高ですが、総額で比べてみると他のクリニックのおよそ半額で受けられることがわかります。

 

ヨコ美クリニック
800グラフトにかかる総額 640,000円
1グラフト単価 800円
1本単価 320円
基本治療費 0円

グラフト数別の単価設定はありませんが、他のクリニックでは20万円もとられる基本治療費が一切かからないことから総額でもかなりリーズナブルに受けることができます。

 

アスク井上クリニック
800グラフトにかかる総額 745,000円
1グラフト単価 700円
1本単価 280円
基本治療費 185,000円

こちらもグラフト数別の単価設定はありませんが、1グラフトの単価では2番目に安いため、総額も無理なく手が届く金額なのではないかと思います。

 

親和クリニック
800グラフトにかかる総額 900,000円
1グラフト単価 875円
1本単価 350円
基本治療費 200,000円

通常は1グラフト1200円で行っていますが、現時点で親和クリニックでは800グラフトの割引キャンペーンを行なっているので総額90万円で受けることができます。

 

ただしキャンペーンは不定期で終了する可能性があるので、お早めに問い合わせてみることをおすすめいたします。

 

アイランドタワークリニック
800グラフトにかかる総額 1,160,000円
1グラフト単価 1200円
1本単価 480円
基本治療費 200,000円

解説したクリニックの中では一番高額な単価設定になっていて、最安値を示したTOM美容外科クリニックと比較しても倍以上の費用になっていることがわかります。

 

ただしアイランドタワークリニックの場合、手術費用以外の面で出費しがちな部分への手厚いサービスが受けられるというのが特徴です。

  • 無料カウンセリングの際の交通費が全額キャッシュバック
  • 手術当日の交通費が全額キャッシュバック
  • 手術当日の宿泊費が全額補助(クリニック提携のホテルに限る)

遠方から来られる方の場合の飛行機代や新幹線代など、往復数万円かかってしまう交通費を全額クリニックが負担してくれるサービスです。

 

またクリニックが提携している徒歩数分のホテルへの予約もすべてクリニックで手配してくれるため、ゆっくりと気兼ねなく休むことができます。

2000本に適した手術法選びは重要です

2000本の自毛植毛の症例に多いのが進行した生え際やM字部分です。

 

この部分は頭頂部やつむじと比較しても特に他人の目に映りやすい部分のため、より慎重な手術法えらびが重要なポイントになります。

 

自毛植毛には大きく分けて2つ、メスを使って切る術式のFUSS法とメスを使わず切らない術式のFUE法があります。

 

FUSS法のメリットとデメリット

FUSS法のメリットは後頭部から側頭部にかけて頭皮ごと切り取るので、一度に多くの移植毛を採取できることから広範囲の植毛に適していることです。

 

頭皮ごと移植毛を採取したのちグラフトに切り分けるため、毛根を傷つけにくく生着率が高いのが特徴です。

 

デメリットはメスを使用するので、身体への負担が大きいことです。

 

切り取った部分の頭皮は縫合してつなぎ合わせますが、術後の痛みやつっぱり感を数日伴い、縫合部が回復するまでには約1ヶ月かかってしまうことは患者へのストレスになります。

 

FUE法のメリットとデメリット

FUE法のメリットはメスを使用しない手術法であることから身体への負担が少ないことです。

 

パンチブレードという器具で1本1本毛根ごとくり抜く方法なので、術後の痛みはほとんどなく、何より傷跡の回復が早いことが最大の特徴です。

 

くり抜いた傷跡は数日でふさがるため、ストレスなく普段の生活リズムに戻すことが可能です。