MENU

1000本の相場っていくら?

一般的なクリニックのホームページを見ても「1グラフト〇〇円」と明記されていて、移植本数分の費用が加算されていく計算になるため、単純にグラフト単価×1000本(1グラフト2.5本との考えが一般的なためこの場合は400グラフトになります)が移植費用ということになります。

 

ただしクリニックによっては本数が少なければ安い場合と逆に本数が増えれば安くなるという、真逆の値段設定のクリニックもありますのでご紹介いたします。

 

ヨコ美クリニック
400グラフトにかかる総額 320,000円
1グラフト単価 800円
1本単価 320円
基本治療費 0円

ヨコ美式FUE法も同様に、パンチブレードによってくり抜き採取と移植を行なう術式です。

 

パンチブレードは1ミリ径のものを使用し、移植毛への負担を最大限に抑えて行うことを実現しています。

 

TOMクリニック美容外科
400グラフトにかかる総額 332,000円
1グラフト単価 80円
1本単価 32円
基本治療費 300,000円

自動植毛ロボットARTASアルタスを率先して導入し、現在ではさらにバージョンアップされた最新式モデルを使用しています。

 

最新モデルでは自動採取はもちろん、画像データによって解析された最も適した部分への移植ホール作成までを行うことが可能になっています。

 

アスク井上クリニック
400グラフトにかかる総額 465,000円
1グラフト単価 700円
1本単価 280円
基本治療費 185,000円

i-SAFEハイブリッド植毛法もまた、アスク井上クリニック独自の手術法で、ベースになる術式はFUEくり抜き法です。

 

用いられるパンチブレードは0.6ミリから1.0ミリまで種類が豊富で、患者の髪質や太さなど状態にあわせて使い分けることができます。

 

アイランドタワークリニック
400グラフトにかかる総額 680,000円
1グラフト単価 1200円
1本単価 480円
基本治療費 200,000円

i-Direct法はアイランドタワークリニックで独自に開発された手術法で、ベースになる術式はFUEくり抜き法です。

 

極細0.63ミリのパンチブレードで1グラフトずつくり抜き採取を行ない、移植していく方法のため傷跡が極めて残りにくく目立たいのが最大の特徴です。

 

親和クリニック
400グラフトにかかる総額 680,000円
1グラフト単価 1200円
1本単価 480円
基本治療費 200,000円

親和クリニックのMIRAI法もまた、FUEくり抜き法をベースに独自開発された最先端の自毛植毛手術法です。

 

パンチブレードは極細の0.63ミリを使用し、4600症例を超える経験と実績で患者の悩みにこたえるチーム医療を実現しています。

1000本でできる植毛範囲は何センチくらい?

一般的な日本人の頭髪密度は1平方センチあたり160本程度と言われているため、まったく髪がない場合を仮定すれば単純に6平方センチということになります。

 

ただ薄毛が進行している状態であれば既存毛もあるわけですから、160本より移植する本数は少なくなることでより広範囲に移植が可能になります。

 

生え際であれば横長な範囲の植毛を、M字部分であれば左右に振り分けて必要な本数を検討してみるといいと思います。

瘢痕治療の場合は特別割引きがある

とくに幼少期に多い怪我によって部分的な脱毛箇所ができている場合には特別な割引きにて治療を受けられるクリニックがあります。

 

また以前自毛植毛を受けたが傷跡が残ってしまった場合にもこの割引きは適用されます。

 

親和クリニック

親和クリニックでは、18歳までの中学生と高校生を対象に頭部の火傷や外傷による瘢痕性脱毛症への自毛植毛手術を無償で受けることができます。

 

無償手術で施術できる範囲は500円玉くらいの大きさまでの範囲となっていて、約100株(250本程度)の移植が可能となっています。

 

無償手術は初回限定で、2回目以降の手術は基本料金200,000円と移植にかかる費用が3割の価格で受けることができます。

 

アイランドタワークリニック

自毛植毛治療を受けたことがある人全てを対象に2回目以降の施術者割引を行っています。

 

過去にFUT法で行った際の傷跡が残ってしまい、その後髪が生えてこない場合にその部分への植毛が可能となります。

 

基本料金200,000円が半額で100,000円となり、移植にかかる費用が10%割引で受けることができます。

1000本の費用には極端に差がある!

ほとんどのクリニックは1グラフト単価で移植本数に比例して加算されますが、少ない本数に限って特別な割引き単価で提供してくれるクリニックも存在しています。

 

また宣伝も兼ねてだと思いますが、一般的なグラフト単価相場の5分の1以下といった驚くほどの低価格で提供しているクリニックもありますので、手術法やアクセス面なども併せて検討してみる価値はあると思います。